10 << 2017/11 >> 12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2008-09-07 (Sun)
◎章の1◎つ 会いますか

“若君、士をお許し願っておりて道のりを遅らせます。”橋の外で召使いは小さな声で取り次いで、少年は書籍の上から我に返ります。
血の桜のストーリは彼の魂を奪って、あれらのむざむざ必死にの愛情の気持ちに関係がなくて、彼の見抜いたのただ1種の華美な安逸、風清の雲の薄いガンの高飛に会いません。彼はそれとも第1回書籍の読むこと中でこのように夢中になります。
口ぶりを嘆いて、濃黒色の色の配置するカーテンをまくり上げて道の上にどんな障害がありますかを見ます。外のまばらなまばらですぽたぽた落ちます地下は雨にぬれて、秋風は霧雨の天気の中で線を脱いで、ぼんやりしていることを持って氷のように冷たくて彼の頬が濡れたことをつけます。彼は手を伸ばしていないでふきます。
空はとても暗くて、路面の灰色の黒色の1片、彼は召使い達がまっすぐで三々五々前にある石橋を囲むことを発見します。すぐに過去をまどろみ始めて、かすかに1つのやせて弱々しい影が見えることができて、両手は荒縄に縄で縛られて、力がない必死の頑張りをします。
一瞬の間、痛みの彼の目を刺したどんなものがあります。
その影の主人は金色の出すことを持っていて、雨のとばりの中でも光栄ですと言える光り輝きます。
1筋の言い表せない感じは胸のうちのを抑えて興奮して起きて、彼は出発して、橋をおりました。
雨量が面と向かって撒き散らす感じを敷きますさわやかでよく知らないで、彼は細い歩を踏んでいてゆっくりと間近で、鋭い召使いは後ろに伝来する足どりの音を耳にして、慌て改心して、傘を支え始めて少年の方向へ歩いていきます。
“若君、どのように下りてきましたか?”あの人の高く差し上げる傘は少なすぎる年の頭のてっぺんを支えて、彼の小さいしわの眉間。“雨会をかけて風邪を引いて、早く頼みます――”召使いの話は言い続けていないで、1匹は青白く力度の手を逃さないで彼の動作に止まりました。
“ここはあなたの事がない、橋に帰る辺は上がっていきます。”すぐに彼のそわそわする顔つきを使うことがおっくうで、手を放して、全身は衣服の少年を点検して引き続き前に向かって歩いて、最後に石橋のその縄で縛られていた人の前で止まります。
“彼はどういうことか?”うちわを軽く上げ始めて、ちょうどぶつかる上で先のあの人のおでこをあおいで、四方の召使いは少し慌てて、ちょうど答える時、あの人のあやうくむせび泣く叫びが聞こえます:“良い痛み!あなたの扇子の長くありません目まさかあなたも長くありません目!”
“サソリの若君、彼――”召使いがこの叫びを聞くのとは更に慌てて、その中はひとつ更にしゃがんでしっかりつかんで彼の髪の毛に居住して、平手は容赦して彼の顔で少しもたたきません。“臭い野郎、大胆にも若君の前で騒動(問題)を起こします!私がどのようにあなたを片付けることを見ます!”
サソリは眉をしかめて、彼の召使いでの手は再度あの人の顔の前に降りて手を伸ばして引き延ばして居住して、突然力を入れて、召使いはまた謝ることに間に合わないで、骨のひびが入る音が聞こえます。“叫ぶことを許さないで、私はあなたに出させていません、返します。”サソリの音が冷静に着くのが冷ややかです。
召使いが握って鳥獣を引き出すことに着手して返して、彼の鋭い眼光で何度も四方を見た人1つ、更に1歩間近なことに勇気があることに人がいません。“私は更に一回聞いて、彼はどういうことか?”
死んでも普通の沈黙、空気間ただ雨のまばらな滴の落ちる音。あの人の低いすすり泣く音と。
サソリは頭を下げて、ひとペアの紺碧の目が雨量の涙を混合していることを発見して、一面の濃い灰色をあけて彼を見張ります。
…ようだ、とても面白いです。
この人は怒りをくわえていますとで息の目つきを塞いで彼を見張って、恐れていません。
彼はしゃがんで、あの人のアウトラインを完全に映って自分の目に入らせます:空の類の紺碧の双ひとみ、丸々とした顔、剛毅に子供っぽい顔立ちに見えて、あのとげの痛み彼の両目の金色の出すことがまだありました。全体の人は見て、15歳を越えません。
…ようだ……かわいいですで形容することができます。
サソリは大概の半分秒時間にちょっと止まって、あの人はすでに気持ちをおさえられないで、縛られていない左足を上げて蹴ってくることに力を入れます。しかしサソリは彼より更に速くて、頭は小さくて低くて、左手は前兆を示して少しも上げなくて、やすやすとしっかり受け取ります。
“吶、子供が遊ぶのは併呑し合いますあまりよくありません。”サソリの口もとは1筋の淡く微かなほほえみをしるしをつけ始めて、彼は左手の上で少し力を入れて、あの人は抵抗の力さえなくなって、見張りますが残忍にながら彼、口の反撃を使うことしかできません:“閉じます……口をつぐみます!あなた同じくただ1人の子供だけでない!……技量をつけて気軽に人をいじめることができることができ(ありえ)ます……!と思ってはいけません。良い痛み!”
3秒間ためらって、あの人がすでにかわいがってただ涙を落とすだけであることに気を配れたことを確定した後に、サソリは左手をとき放しました。“野郎、後で話をして気をつけます。”
“私……私はやっとどんな野郎を叫びません!え!”つまんで痛くなられる足首を移動することに注意して、両手を挙げ始めて真っ赤な目をしっかりと遮って、努力して涙を引き続き落ちさせません。明らかに彼の関心のはその他に1つの問題です。“私……私は迪達に引き延ばさせます!あります、すぐに私の手を放して、とてもかわいがっての、え!”
“え、それでは、迪達は引き延ばして、どうして私の行く手をさえぎることをお聞きしますか?”サソリはとても“尊重”は彼の名を叫んで、直起の体はたたいて身のほこりを落とします。彼は右手をあけておいて、簡単に迪達を引き延ばして石橋の床板の上から持ち始めて、決して放すつもりではありませんません。
“私を放して、とてもかわいがりますの!え!”目の前の少年が完全に自分の意味を放していないことに会って、迪達が引き延ばして力を入れることを試みて、腕の上で1本のでこぼこな紅印を引っ張りだして、深く肉に彫って入る中に、痛みを我慢できないで、涙は再度言うことを聞かないで落ちて下りてきました。
“できないで、あなたは私の問題に答えない限り。”口の上でこのように言ったので、しかし彼が涙を流したことに会って、それとも意識的にリラックスして彼の両腕の効き目をつかんでいます。“自分で苦しい目にあわないでください、私に答えて、迪達は引き延ばします。”
“橋……橋はまたあなたが修理したのではありませんて、どうして私はあなたの道をさえぎってはいけませんか?え!”腕の痛みはべつに彼の回答の気勢を妨げなくて、迪達は引き延ばしてほえるのが理にかなっているので話に勢いがあります。彼は目の前にこの人がただとても嫌なだけであることを知っていて、できるだけ早く自分の両腕をあの人の手の中から必ず救い出してくらなければならない彼があります。
サソリは面白いと感じます。
彼のもとは彼がどんな高官高位の人の名前あるいは驚天動地の理由を出しますかを言えると思って、論理の解答にこのように合わないのではありません。しかしこのように彼の予想の中で口論するようなそれなのに苦心のがなくて、完全に不思議に思うことに値しません。
確かにとても面白いやつです。
でも、彼の赤い砂のサソリ、彼に順調に関門(難関)を突破するつもりはないようです。
“野郎、橋はあなたが修理したのではありませんて、私もちろんエネルギーの過去。”彼は突然右手をとき放して、あの人は向上する引っ張り強さの支えることを失ったため、かなりなめらかに石橋の板の上でへ打っていきます。“ぼうっ、かわいがります
……”サソリは彼を相手にしていないで、勝手に最近の召使いの腰の間から長い剣を抜き出して、鋭い刀の身はひどい白光が現れて迪達が縄で縛られる両手を引き延ばす前に横柄で、サソリはあの紺碧の目の中でさっと過ぎる恐れが見えることができます。“理由、もう少しまともになるべきです。”
1秒、2秒、3秒。
サソリははっきりと目を閉じて、雨音暗黒の中で垂らして下ろすアスファルトの石板、聞いて見るととてもはっきりしています。このようなはそして長いとは言えないことを待って、しかし相手がぐずぐずして応対していないで彼の気持ちをいらいらしながら立ち上がるようにならせます。
真っ赤な双ひとみを開き始めて、彼はひとペアの涙の雨量を混合した目が見えて、一面の濃い灰色をあけて、彼を見張っています。
“承諾して、私をこのように殺したくて、着手して、え!”迪達はすすり泣く叫びを伴って雨のとばりをあけて彼に伝来することを引き延ばして、サソリがあの金色の頭を見ていてとてもてきぱきしています低くなっていって、一瞬の間に世界が暗黒が音声がないようになると感じます。“あなた達はすべてこのようなで、あなた達のこれらのいわゆる貴族、人が殺すことに会って、え……今回は私で、え……
”もしサソリは後を逃すならば。
今回、彼の動作は1秒躊躇しました。
鋭い刀の身は両腕の頬に沿って縫って落ちていって、あいまいな荒縄は2つの面があります。迪達は引き延ばして石板の上で2秒ぼうっとして、痛い両腕をもんで試みて立ち上がって、左足が完全に効果がないことを発見して、人はまだ再度を要して転ぶことにまっすぐ立っていません。
サソリがとてもタイムリーで右手を伸ばしてつるして彼に居住して、次にいっそう深刻な滑り降りることを防止します。
“え、ありがとうございます。”つり合う体のため、迪達は全体のことしかできない人を引き延ばしてサソリの伸ばす右手の上でよって、相手の体温は服のがに湿り気(涙)があるためはっきりしていて自分の身に伝わって、彼はぱっと顔を赤くして、努力して立ち上がりたくて情況は彼は望むほうがいいようです。
サソリの口もとは再度淡く微かなほほえみをしるしをつけ始めて、彼は後ろにを心配するため召使いの前へ阻止したい挙動を無視して、左手を上げて迪達にふいて顔の雨量と涙を引き延ばします。迪達引き延ばす顔は更に赤くなって、急に放してサソリの右腕の両手にからんではい登って、体はとてもなめらかに上でなんとへ。
サソリは急いで迪達引き延ばす頭は再度と大地が接吻する前に彼をすくい取ります:“えさをやって、野郎、むやみに来てはいけなくて、転ぶことができ(ありえ)ますの。”
“しかし、しかし!”誰があなたに私に対して騒ぎふざけさせて、え!もちろん、このつは彼は大胆に言い出していません。
軽くなって口ぶりを嘆いて、まるで彼の心の中まで(へ)何を言ったことがありますを当てます。サソリは抱くこと中の人を放して、彼を石橋の橋の壁の上で頼らせて、迪達は取っ手を引き延ばして直ちによじ登って向こうへ行って、橋の壁の辛辣な模様は指の皮膚を切って駄目にして、彼はあごの関節を締めて力を入れてしっかりつかむことをかんで、同時に顔を苦痛の顔つきが現れさせません。
“えさをやって、私は言います……”痛みがますます真っ赤になるため迪達引き延ばす顔を見ていて、サソリは突然力がないことと感じます:彼が苦笑するべきかそれとも嘲笑するかべきですか?“私は、実はあなたは自分の両手をこのように虐待する必要はありませんと言います。”
“あなたを要して管理して、恩!”あちらのある人は死んでも支えてほえてくる、やはり言うことを聞いて効き目をリラックスして、意外にも投げつけていません。
え、この人が悪くありませんようで、え。迪達は引き延ばしてあちらで深い思想の反省を行って、自分を考えていてどうしてこのように一人を誘発して返すことができ(ありえ)ます自分が彼に借りがあると感じて、そこで彼はサソリがあっという間に離れる前に口を開いて、もし1つ言い出してほとんど雨音の中で消えてなくなるならば:“え、さっき……すみません、え。”
“あなたは私に向って謝る必要がない。”サソリは召使いの手渡す傘を迎えて、“あなたを聞き出していないで私を橋の原因を過ぎさせないでが、しかしあなたの語気を聞いて、あなたのとても嫌な貴族のようですか?”
“貴族はすべてどんなものです!すべて美しい上に欺くもとの役ではありません……”サソリは後ろにあれらの召使いの顔色がますますみっともなくなることに気づいて、迪達引き延ばす音はますます小さくなります:彼はこれらの話を言う時シーンと対象をよく選択するようです。“計算して、橋……あなたの過去!私はあなたを遮らないで、え。”そこで話題を転換します。
“吶、迪達は引き延ばします。”サソリは傘を支えて向きを変えて、手を振って身の回りの召使いが先に歩くことを示して、“私はあなたが以前どんな貴族と言い争って固執して甚だしきに至ってはかたき同士となることが発生したことがありますを知らないで、しかし別に所有しない貴族はすべてこのようなです。”彼は軽くなって笑わせて、“私、あなたに対してとても興味を持って、私と一緒に歩くかどうか?”
迪達引き延ばす唇が1筋しるしをつけ始めるのはサソリからすると風刺するほほえみです。“、あなたは橋を過ぎるために私を捉える必要がない。若君は招いていきます。”
私に対して興味を持ちますか?ねばねばして気軽に虐待するあのようなを捨ててしまいますかます持って行くことができることを遊びますか?申し訳ないで、私が学ぶのは利口になって、だから、私はあなたの歩いた必要でないと、え。
サソリの真っ赤な目のひとみは少しの複雑な顔つきをよけたことがあって、迪達は引き延ばして口に出せないで、あれは心配は、残念ながらまだ軽蔑するのです。
“私達は更に顔を合わせることができ(ありえ)ます。一定です。”伝言して、全身が来ますに沿って衣服を点検する時の道は担い始める橋を戻して、ただ迪達だけを残して1人を引き延ばして雨のとばりの中で立って、まばらなまばらですぽたぽた落ちます雨量は周りをぼんやりさせて、あの1匹の金色だけあるのは薄暗い中でますますまばゆいです。
何が“別に所有しない貴族がすべてこのようなです”といいますか?あなたは理解しないで、根本はだから私を言う資格がなくて、え。
“きっともう1度会うことができ(ありえ)ますのですか?……要らなかった、え。”小さな声でもしこれを吐き出すならばが自分さえ多くなくて確かで、少年は向きを変えて、石橋の壁に沿ってゆっくりと前進して、遠く去って、橋で消えてなくなるあの匹に至ります。

××中文××

【第壹章】逢戲

“公子,恕士下耽誤路程。”橋外仆人輕聲禀報,少年便從書卷上回過神來。
血櫻的故事奪了他的魂,無關那些生生死死的愛戀情懷,他看透的只是壹種華美的安逸,不見風清雲淡雁高飛。他還是第壹次在書卷的閱讀中如此入神。
歎口氣,撩開玄青色的布簾去看路途上有什麽障礙。外面稀稀瀝瀝地下著雨,秋風在雨霧的天氣裏脫了線,帶著點朦胧的冰涼沁濕了他的臉頰。他沒有伸手去拂。
天空很暗,路面灰黑色的壹片,他發現仆人們正三三兩兩地圍在前面的石橋邊。眯起眼看過去,可以隱約看見壹個瘦弱的身影,雙手被繩索捆綁著,做無力的掙紮。
壹瞬間,有什麽東西刺痛了他的眼。
那個身影的主人有著金黃金黃的發,在雨幕中亦不失光彩的燦爛。
壹股莫名的感覺壓抑著心頭的沖動而起,他起身,下了橋。
雨水迎面鋪灑的感覺清涼陌生,他踏著細步緩緩靠近,耳尖的仆人聽到身後傳來的腳步聲,慌著回了頭,撐起傘往少年的方向走去。
“公子,怎麽下來了呢?”那人高舉的傘撐過少年的頭頂,他微皺眉頭。“淋了雨會著涼的,請趕快——”仆人的話沒有說下去,壹只蒼白卻不失力度的手止住了他的動作。
“這兒沒妳的事,回橋邊上去。”懶得用正眼看他慌張的神色,放了手,壹身清衣的少年繼續往前走,最終停在石橋那個被捆綁著的人面前。
“他怎麽回事?”輕舉起扇,扇尖恰好碰到地上那人的額頭,四面的仆人有點慌,正要回答,卻聽見那人近乎哭泣的怒吼:“好痛啊!妳的扇子不長眼睛難道妳也不長眼睛嗎!”
“蠍公子,他——”仆人壹聽這吼聲更慌了,其中壹個更蹲下去揪住他的頭發,壹巴掌毫不留情地拍在他的臉上。“臭小子,膽敢在公子面前鬧事!看我怎麽收拾妳!”
蠍皺眉,他在仆人的手再次落在那人臉上之前伸手拉住,猛地用力,仆人還來不及道歉,便聽見骨頭斷裂的聲音。“不許喊,我沒叫妳出手,退下。”蠍的聲音冷靜到冷漠。
仆人握著手抽畜著退下,他用犀利的目光來回看了四面的人壹眼,沒有人敢再靠近壹步。“我再問壹遍,他怎麽回事?”
死壹般的沈默,空氣間只有雨稀瀝落下的聲音。和那人低低的啜泣聲。
蠍低頭,發現壹雙湛藍湛藍的眼睛正混合著雨水淚水,隔著壹片濃重的灰色瞪他。
好像,很有趣。
這個人用含著憤怒與堵氣的眼神瞪他,沒有恐懼。
他蹲下來,使那人的輪廓完整地映入自己的眼簾:天空般湛藍的雙眸,圓滾滾的臉蛋,剛毅卻透著稚氣的五官,還有那頭刺痛了他雙眼的金黃金黃的發。整個人看起來,不過15歲。
好像……可以用可愛來形容。
蠍頓了大概半秒時間,那人已經沈不住氣,擡起沒有被束縛的左腿使勁踢了過來。但蠍比他更快,頭微低,左手毫無預兆地擡起,穩穩接住。
“呐,小孩子玩火並不怎麽好。”蠍的嘴角勾起壹抹淡淡的微笑,他在左手上稍加用力,那人便連反抗的力氣都沒有了,只能壹邊狠瞪他壹邊用嘴反擊:“閉……閉嘴!妳不也只是個小孩子!……別以爲,會點功夫就能隨便欺負人……哇!好痛!”
猶豫了三秒鍾,確定那人已經疼得只顧得上掉眼淚後,蠍松開了左手。“小子,以後說話小心點。”
“我……我才不叫什麽小子!嗯!”小心移動被捏疼的腳踝,舉起雙手擋住通紅通紅的眼睛,努力不讓眼淚繼續掉下來。顯然他關心的是另外壹個問題。“我……我叫迪達拉!還有,快把我的手放開啦,很疼的,嗯!”
“哦,那麽,迪達拉,請問爲什麽要擋我去路呢?”蠍子很“尊重”地喊了他的名,直起身子拍掉身上的灰塵。他騰出右手,輕易地把迪達拉從石橋地板上提了起來,卻並不打算放開。
“放開我啦,很疼的!嗯!”見眼前的少年完全沒有放開自己的意思,迪達拉嘗試用力,卻在手臂上扯出壹道凹凸的紅印,深深地勒進肉裏,忍不住痛,眼淚再次不聽話地掉了下來。
“辦不到,除非妳回答我的問題。”嘴上是這樣說的,但見他流了淚,還是自覺地放松抓著他雙臂的力道。“不要自找苦吃,回答我,迪達拉。”
“橋……橋又不是妳修的,爲什麽我不可以擋妳的路?嗯!”手臂的疼痛並沒有阻礙他回答的氣勢,迪達拉吼得理直氣壯。他只知道眼前這個人很討厭,還有他必須盡快把自己的雙臂從那人的手中解救出來。
蠍覺得有趣。
他原以爲他會說出什麽達官貴人的名字或者驚天動地的理由,而不是這麽不合邏輯的答案。可是這種沒有心機的鬥嘴卻又好像在他的意料之中,完全不值得詫異。
的確是很有趣的家夥。
不過呢,他赤砂之蠍,好像不打算讓他順利過關。
“小子,橋不是妳修的,我當然能過去。”他突然松開右手,那人因爲失去了向上拉力的支撐,相當流暢地往石橋板上砸去。“嗚,疼……”
蠍沒有理他,徑自從最近的仆人的腰間抽出長劍,鋒利的刀身泛著要命的白光橫在迪達拉被捆綁的雙手前,蠍能看見那雙湛藍眼睛中壹閃而過的恐懼。“理由呢,應該再正經壹點。”
壹秒,兩秒,三秒。
蠍幹脆閉上眼睛,雨聲在黑暗中滴落瀝青石板,聽上去特別清晰。這樣的等待並不算漫長,但對方遲遲沒有回應使他的心情變得煩躁起來。
睜開绯紅的雙眸,他看見壹雙混合了淚水雨水的眼睛,隔著壹片濃重的灰色,在瞪他。
“諾,既然這麽想殺了我,就動手啊,嗯!”迪達拉伴著啜泣的吼聲隔著雨幕向他傳來,蠍看著那顆金色的腦袋很幹脆地低了下去,壹瞬間覺得世界變得黑暗無聲。“妳們都是這樣的,妳們這些所謂的貴族,見人就殺,嗯……這壹次是我嗎,嗯……”
蠍沒有錯過後面的話。
這壹次,他的動作遲疑了壹秒。
鋒利的刀身順著雙臂的頰縫落下去,灰色的繩索壹分爲二。迪達拉在石板上呆了兩秒,揉著疼痛的雙臂嘗試著要站起來,卻發現左腿完全使不上勁,人還沒站直便要再次摔下去。
蠍很及時地伸出右手吊住他,以防止下壹次更爲嚴重的下滑。
“唔,謝謝。”因爲無法平衡身體,迪達拉只能整個人靠在蠍伸出的右手上,對方的體溫因爲衣服的濕潤而清晰地傳到自己身上,他騰地紅了臉,努力想要站起來而情況似乎不如他所願。
蠍的嘴角再次勾起淡淡的微笑,他無視身後仆人因擔憂而想要向前阻止的舉動,擡起左手去拂迪達拉臉上的雨水和淚水。迪達拉的臉更紅了,壹下子放開攀附著蠍右臂的雙手,身體卻很流暢地往地上倒。
蠍趕在迪達拉的腦瓜再次與大地接吻之前撈起他:“喂,小子,別亂來啊,會摔倒的。”
“可是,可是!”誰讓妳對我動手動腳的,嗯!當然,這壹句他沒敢說出來。
輕歎口氣,仿佛猜到了他心裏說過什麽。蠍把懷中的人放開,讓他依靠在石橋的橋壁上,迪達拉立即把手攀過去,橋壁尖刻的花紋割破了手指的皮膚,他咬緊牙關用力抓穩,同時不讓臉上出現痛苦的神色。
“喂,我說……”看著迪達拉的臉因疼痛越發通紅,蠍突然感到無力:他是該苦笑還是該嘲笑啊?“我說,其實妳不必這麽虐待自己的雙手啊。”
“要妳管,恩!”那邊的某人死撐著吼出來,卻還是聽話地放松了力道,居然沒有摔下來。
唔,好像這個人並不壞,嗯。迪達拉在那邊作深刻的思想反省,想著自己爲什麽會惹了這樣壹個人卻還著覺得自己在欠他,于是他在蠍轉身要離開之前開口,說出壹句幾乎要消失在雨聲中的話:“唔,剛才……抱歉,嗯。”
“妳沒必要向我道歉。”蠍接過仆人遞上來的傘,“雖然沒有問出妳不讓我過橋的原因,但是聽妳的語氣,好像妳很討厭貴族?”
“貴族都是些什麽東西!不就都是些媚上欺下的角色……”注意到蠍身後那些仆人的臉色越來越難看,迪達拉的聲音也越來越小:他在說這些話的時候似乎沒有選擇好場景和對象。“算啦,橋……妳過去吧!我不攔妳了,嗯。”于是轉移話題。
“呐,迪達拉。”蠍撐了傘轉身,揮手示意身邊的仆人先走,“我不知道妳在過去與什麽貴族發生過爭執甚至結仇,但並不是所有的貴族都是這樣的。”他輕笑,“我呢,對妳很感興趣,要不要跟我壹起走?”
迪達拉的唇勾起壹抹在蠍看來是嘲諷的微笑。“不必啦,妳沒必要爲了過橋而抓住我吧。公子請走。”
對我感興趣?就是玩膩了就可以隨便扔掉或者拿去虐待的那種?對不起,我學乖了,所以,我沒有跟妳走的必要,嗯。
蠍绯紅的眼眸閃過壹絲複雜的神色,迪達拉說不出來,那是擔憂、無奈還是輕蔑。
“我們會再見面的。壹定。”留了話,壹身清衣沿著來時的路退回擔起的橋邊,只留下迪達拉壹人站在雨幕中,稀稀瀝瀝的雨水模糊了四周,只有那壹頭金色在灰暗中愈發耀眼。
什麽叫做“並不是所有的貴族都是這樣的”?妳不了解,所以根本就沒有資格說我,嗯。
“壹定會再見的嗎?……不要了吧,嗯。”輕聲吐出這句連自己也不多肯定的話,少年轉身,沿著石橋壁緩緩前進,遠去,直到消失在橋的那頭。
| 血櫻廊=無底坑 | COM(2) | TB(0) |